エレベーター・カゴ操作盤・乗場ボタン・表示灯・ホールランタンの株式会社 オリエンタル工芸社・社長の独り言 2009年

株式会社 オリエンタル工芸社
トップページ社長の独り言・2009年

「環境問題の考え方」2009/11/6


当社では、3年前から環境対策の一環として「エコアクション21」に挑戦をしてまいりました。世間の流れなのか、ある得意先が環境に関しての取組が熱心であり、その結果「ISO14001」か「エコアクション21」を会得または認証された会社には優先的に取引を行うとの方針を示しました。私もかなり前から環境問題は、前向きに考えなくてはならないと常々思っておりました。それと言うのも私が子供の頃は、半農半業の貧しい暮らしでしたので、親は常に「もったいないから」「質素にしなさい」「倹約しなさい」と、口癖のように言っておりました。
その私が、現在の会社を購入するにあたり、会社の2階にキューピクル(キューピクル式高圧受電設備)を設置をし、また昼休みなどの時間には消灯を義務付け、数多くある機械や電源のスイッチを切る事などは、当然の如く義務付けてまいりました。
その意味では、得意先の要望、或いは方針とも合致しており、また世間の環境問題にも目を背ける事なく、他社及び他団体などの先頭に立つ思いで環境問題に取り組んで行きたいと思っております。その思いと共に、会社及び社員が一丸となって邁進し、尚且つ勉強の結果、幸いにして、「エコアクション21」に認証される事になりました。その後、中間審査そして更新と順調とは言えませんでしたが、毎年認証されるという栄誉を頂きました。
更に、4年目の今年は未知なる分野にも挑戦をし、私を始め社員一同頑張って環境問題に取り組んでいく所存でございます。


「緑化運動」2009/11/6


杉本個人として、2年ほど前から縁があって、会社の隣に住むようになりました。
住んでる土地には、幸いにして猫の額(ひたい)ほどではありますが、庭が付いておりました。この狭い庭と少々の空き地がありますので、これを環境対策の一環として利用する方法を考え、取り敢えず直ぐに出来るゴーヤの苗を植え、ヒマワリやアサガオなどの種を蒔き、その他にも趣味で鉢植えを多数購入して、家の周りを緑で囲む方法を取りました。夏に来た友人が、「ここはジャングルかい?」と、ビックリする程の緑化に成功しました。緑化のお陰で夏は、食事の後、入浴の後で冷房を使用するくらいで、それ以外は殆んど使用しませんでしたねぇ。
会社が3年ほど前から「エコアクション21」に挑戦をしており、杉本個人としても地球規模でものを考えなければならず、隣の小さな庭と、そして空いてる土地を利用し、緑化運動に携わってまいりました。そして、来年、再来年と今後も継続していくつもりでおります。更に、会社の2階に防犯・防災用として20坪ほどの場所をさら地にしておりますが、将来はこの場所も緑化したいと考えております。


「喀血と吐血」2009/7/13


あれだけ猛烈(1日に約50本)に吸っていたタバコもスパッと止めてからもう少しで2年になります。あれは確か2年前の夏の出来事でしたねぇ。ある日の明け方に「大量喀血」したのは!病名は「気管支拡張症」と言って、時と場所によっては死ぬ可能性のある病気だからと言われました。さすがにその時の気持ちはブルーになりましたねぇ。まあ、それからタバコを辞めましたが、今では、家族中に大喜びをされてますよ。
「喀血と吐血」喀血も吐血も口や鼻をとおして出てくる出血です。まず喀血とは、気管や気管支肺などの呼吸器系の器官からの出血です。それに対して、吐血とは食道や胃、十二指腸などの消化器系の器官から出たものです。まあ、一般的には喀血はタンやセキなどと一緒に起こり真っ赤{鮮紅色)な色であり、吐血は胃液と混合される事が多いので、暗赤色や茶色であり区別する事ができます。
「喀血と吐血」のネットから一部抜粋をさせて頂きました。


「都議選」2010/9/21


昨日(12日)、都議選の投票に行って来ました。いや~、実にいい天気でしたねぇ。今回の大田区の選挙は、8人のところに14人が立候補する大混戦となりました。私の応援した自民党の鈴木現職が、あの大混戦のなか見事に当選しました。おめでとうと言わなくっちゃ!普段の時の選挙ならそんなに心配はしないんですけどねぇ、今回ばかりは民主党の神がかり的な勢いは凄かったですからねぇ。まるで、「軍隊あり」みたいでしたよ。民主党の歩いたところには、只の1票も残ってないような状態でしたからねぇ。こんな状態で本番の衆議院選を迎える麻生首相が率いる自民党はどいうなるんですかねぇ?


「新型押ボタン」2009/7/10


今年の2月19日(木)~21日(土)にかけて「第13回 高度技術・技能展 太田工業フェア」が大田区産業プラザPIOで開催された時に、当社のブースを覗いた来場者の1人が話しかけてきたんです。「こんな内容の押ボタンはないですかねぇ?」って!その時は、エレベーター関係の製品(特に、エレベーターのオリジナル押ボタンをメーンにしていた)を展示してましたので寄られたんでしょうねぇ。ちょっと変わった発想の押ボタン!当社も熟慮の上、挑戦してみる事にしました。あれから4ヶ月半が経ち、おおよその形が出来上がってまいりました。今は、成型樹脂やさんと連絡を取り、型を作り始めたところです。今年の秋ごろには公開できるんじゃないかと思っております。


「大田区加工技術展示商談会」2009/7/10


09年6月12日(金)に、「大田区産業プラザPIO」において、「大田区加工技術展示商談会」が開催されました。時間は、朝の10時から夕方の5時まででしたねぇ。頂いたブースを見たら2m×2mの小さなものでした。今回、展示したのは「機械加工製品」でしたよ。何時もならエレベーター製品を展示するんですけどねぇ。今回は目先を変えて「機械加工製品」でいきましたよ。世界同時不況の風をまともに受けたので機械加工の仕事の方は激減しましたからねぇ。いざ、オープンしてみたら、天気の良い金曜日という事もあって、朝からお客さんが引っ切りなしでしたねぇ。主催者側の話では、去年は1700人とかで、今年は2000人を超えたと言ってましたから大成功だったんじゃないですかねぇ。


「第13回 おおた工業フェア」2009/3/13


今年の「第13回 おおた工業フェア」は、2月19日(木)からの3日間で行われました。当社も3年振りに参加を致しました。今年は、多少の雨が2日目に降ったものの総じて天気には恵まれたせいか、今までの最高の人出だったそうですよ。当社は3年振りの参加でしたが、これには訳がありましてねぇ、まあ、世間では新しい技術がどんどん出てきて「日進月歩」なんて言葉もありますが、私らの仕事ではそんな事はありませんねぇ。1年位では技術が変わらないので、2年続けて出展すると、結局は同じ製品を出展する事になってしまんですよ。技術の裏付けのない製品を2年続けて出しても意味はありませんからねぇ。まあ、その意味では3年経つと多少なりとも新しい技術や方法が確立されますからねぇ。


「エコアクション21」2009/3/13


先日(3月9日)の月曜日には、「エコアクション21」の審査がありましてねぇ、1日中ちょっとした緊張感につつまれましたねぇ。何とか夕方までには終わる事が出来たので、ホッとしています。最初は、この制度を知らなかったんです。我われ町工場では、「ISO14001」は経費的になかなか厳しいんですよねぇ。そこで、何時もお世話になっている(財)大田区産業振興協会の方に行き、顔見知りの担当者に聞いたんです。「経費的にもっと安い制度はないか?」って!そこで「エコアクション21」を紹介してくれたんです。しかも勉強まで教えてくれる先生付きでしたからねぇ、助かりました。今では、一昨年に「エコアクション21」の登録を受け、去年は中間審査を受け、そして、今年は更新の審査を受けた訳なんです。


「優工場」その22009/3/13


審査の日って、9月の半ばじゃなかったかと思うんだけどねぇ。唯、その頃の当社は、作業場は快適なクーラーが付いており、2階の「ロッカー室兼食堂室」は、クーラーが付いてなくてねぇ。その年は、確か残暑が厳しい時だと思いましたねぇ。前もって連絡を頂いていたのは、審査に立ち会う人が8名だと聞いてました。8名じゃ作業場という訳にもいかないので、仕方なく2階に決めたんですけど、クーラーがねぇ。でも、当日は天の助けでしたねぇ。どんよりとした曇り空でしたよ。いや~、助かった!それから、1か月ちょっとして「優工場」の関係者から連絡が入り「優工場」の認定賞を貰える事が分かりました。それと、もう1枚の表彰状があると言うんですよ。何で、もう1枚?不思議でしたねぇ。それが、総合部門の最優秀賞だったんですよ!ビックリ!嬉しかったですねぇ。もしかしたら、あの9月の曇り空が効いたのかも!


「昭和30年代の大田区」2009/3/13


去年(08年)の夏ごろに、「昭和30年代に詳しい東北人を探しておりますが、誰かいい人はおりませんかねぇ?」と言って、私のところに「三冬社」の西坂記者が挨拶に来ました。「私は新潟人だから、厳密に言えば東北人ではないよ!」「いや~、そんなにピッタリの人っておりませんので心配しないで下さい。社長の名前は、大田区産業プラザの方から聞いてきましたので宜しく!」昭和30年代と言うと、売春防止法が32年に決まり、あの東京タワーが昭和33年にオープンし、プロ野球には、長嶋・王選手が巨人軍に入って爆発的人気を誇り、そして、日本レコード大賞が始まったのもこの頃じゃなかったかと思いますねぇ。それに何と言っても東京オリンプックが39年に華々しく開催されましたよねぇ。この東京オリンピックは文字通りの突貫工事でしたねぇ。このオリンピックの工期を間に合わせる為にと、爆発的なオリンピック景気に煽られるようにと田舎から東京に大量に集まって来ましたねぇ。(特に東北人は、金の卵と言われた)その人たちは今や団塊の人として歩み始めていますよねぇ。